« 3000ftの絶壁 ~サンフランシスコ・ヨセミテ行 1日目 BARTって。~ | トップページ | 3000ftの絶壁 ~サンフランシスコ・ヨセミテ行 二日目-2 自転車でゴールデンゲートブリッジを渡ろう!! »

2013年9月 1日 (日)

3000ftの絶壁 ~サンフランシスコ・ヨセミテ行 二日目-1 サンフランシスコの朝は寒い。ゴールデンゲートブリッジ自転車行その①

はい。結局しばらく放置してしまいました。

いつも長くなるのでちょっとはしょってみたら、書けてないこといっぱい。

・アメリカン接客

結構適当です。

某デパートで、ぴよぴよが変わった食器を探していると、地下一階では「5階だよ」五階では「地下一階だよ」 それ以外の階では「知らない。」

帰りの飛行機の席を指定したいと思ってユナイテッドに行くと、

「WEBサイトで予約してみて」「ここでは当日の飛行機しか扱っていないの」というので帰りに当日の席をいい席にしようと思って早い時間に行って見ると「満席です(日本語)」。

一方でヴェラの店員は神対応でした。

「すみませんね、何度も(倉庫に)取りに行ってもらって」

「いいのよ、私も服を選ぶときは何着も試すし、何回も倉庫まで行ってもらうもの」

では続きです。

朝7時に起床して準備します。

サンフランシスコの朝は寒くて、長袖がないとやっていけません。

朝食つきではないので、外のスーパーにデリを買いにいきます。

ケーブルカーのターンテーブル前を通ると、まだすいていました。

人力ターンの様子を眺めることができました。

人のYOU TUBEを活用します。

二本目の動画の押し方を見ました。

しかし、びっくりしたのはリスタートするときも人力で押すんですね。

日本で路面電車というと普通の電車が路面を走っているイメージなのですが、サンフランシスコの「ケーブルカー」は、地面の下を走っているケーブルを「グリップ」でつかんで進む、という非常に原始的な方式。そのため、きっとスタートの瞬間は人力しかないのでしょう。

アメリカのスーパーはデリが豊富です。

Dscf1331

ここで、ラップ的なもの(フラワートルティーヤに肉とか野菜とかを巻いたもの)を買います。

昨日、いっぱい買いすぎたBARTの切符。

これを生かして、フィッシャーマンズワーフに向かいます。

本来は先ほどのケーブルカーで行く予定でしたが・・・

まずBARTで海の近くまで移動。乗り過ごすと湾の地下というか湾の下を通って対岸にいってしまいます。

そして、MuniのF ラインという路面電車に乗って行く予定だったのですが・・・

Dscf13401

こんなのが来て・・・

通過しました。

満員だったそうです。

またぴよぴよがテンパります。

「しらべたんじゃなかったの??次はいつ来るの??」

はい。テンパっているというか、叱られています。

調べが足りない、と。

ぴよぴよは旅行の事前に猛烈に調べます。

そのため失敗しません。

私は、ふらっと寄ったりとか気分で予定を変えたりするので失敗は常です。

今回もその勢いで、Muniに乗る予定でしたが、この変更はものすごく裏目にでてしまいました。

ワタクシはただ、次を待って乗れればそれでいいじゃん、と思ったのですが、いま通り過ぎた1台を待つ時間をロスであるとすごく攻められます。

近くの人に聞きます。

「次はいつ来るの?」

「23分後。」

やけに正確な数値が帰ってきました。

次々と待っていた人が散っていきます。

あきらめて歩くことにします。2キロくらいか

歩いているとぴよぴよが不機嫌です。

ってか寒いです。

私は寒いけど「どうせしばらくであったまるだろう」と半そでシャツをTシャツの上から羽織っていて、対して寒いとは思っていないのですが、ぴよぴよは深刻に冷えていました。

そりゃ不機嫌になるわな。

かわいそうなのでウインドブレーカーを渡してあっためてみます。

少しあったまって機嫌も直ったころ、アルカトラズ行きのフェリーの発着所を通り過ぎます。

Dscf1343

近くにベンチがあるのでやっと朝食・・・

Dscf1350

しーがるさんに見守られながら朝食です。

どうやらサンフランシスコの夏の朝は毎朝このように霧と雲に覆われて、さえない天気のようです。

なんでもアラスカからの冷たい海流と風がサンフランシスコに当たって霧を発生させるのだとか・・・そのせいで、年間を通して海の温度の気温の影響を受けて、涼しい、冬は比較的暖かい気温が維持されるそうです。

ここまで読んでくれた方、さて、いつから自転車は始まるの? と疑問に思っていることでしょう。

この後、ピア39という埠頭兼ショッピングモールの後、自転車です。

Dscf1355

Dscf1356

こんな感じのショッピングモールです。

ここでは大きなパンをくりぬいた器に入っているクラムチャウダーが有名なのですが、ここではまだ食べません。

特に期待していなかったのですが、いきなりぴよぴよがあるお店に吸い込まれていきます。

Dscf1359

またヴェラ。

一緒に見ていても仕方がないので外を眺めています。

あれ?

Dscf1363_2

アザラシ??

そう、実はアザラシで有名なんです。このショッピングモール。

しらんかった

大変充実した買い物の後、ぴよぴよとアザラシさんたちを眺めます。

Dscf1367

いっぱいいる・・・。

Dscf1370_2

アルカトラズも目の前です。

Dscf1388

カニがこの街を代表します。

Dscf1394

有名な看板です。

ここからが自転車の旅です。

だいぶ長くなったのでまた次にします。

|

« 3000ftの絶壁 ~サンフランシスコ・ヨセミテ行 1日目 BARTって。~ | トップページ | 3000ftの絶壁 ~サンフランシスコ・ヨセミテ行 二日目-2 自転車でゴールデンゲートブリッジを渡ろう!! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505126/58108280

この記事へのトラックバック一覧です: 3000ftの絶壁 ~サンフランシスコ・ヨセミテ行 二日目-1 サンフランシスコの朝は寒い。ゴールデンゲートブリッジ自転車行その①:

« 3000ftの絶壁 ~サンフランシスコ・ヨセミテ行 1日目 BARTって。~ | トップページ | 3000ftの絶壁 ~サンフランシスコ・ヨセミテ行 二日目-2 自転車でゴールデンゲートブリッジを渡ろう!! »