« 「うぉーん」って言う。 | トップページ | 3000ftの絶壁 ~サンフランシスコ・ヨセミテ行 二日目-1 サンフランシスコの朝は寒い。ゴールデンゲートブリッジ自転車行その① »

2013年8月18日 (日)

3000ftの絶壁 ~サンフランシスコ・ヨセミテ行 1日目 BARTって。~

ながらく留守にしておりました。

久々に書こうかなというネタができたので旅行記書きます。

前回ちょっとだけ紹介した白黒さんは最近はこんなです。

50f75fbf9e7e4acf9d6d1f44a028bb9b

カロという名前になったのですが、コッコロさん亡き後るかっぽさんの遊び相手としてうちにきました。

しっかり、るかっぽと遊んでくれていて、ニーノさんが襲撃される回数も減りました。

二匹そろってガチホモズといわれております。

おなかを触られるのが好きらしくて、帰ってくると上の写真のようになでなでリクエストしております。

いいのか、こんなに無防備で。

さてさてでははじめましょうか。

続きを読む、からスタートです。

今回の旅の予定は・・・

①サンフランシスコで2日間観光。

②時差ぼけから回復したころ、ヨセミテへクルマで移動。レンタカー。

③3日間ヨセミテで過ごしたらサンフランシスコに戻り、帰宅。

賞味7日間です。

今回は新婚旅行以来のぴよぴよと二人旅行です。

事前準備の話をしていると話がまったく進まないので、飛行機着陸ぐらいから始めます。

一日目 サンフランシスコ到着~宿

到着時間はちょうど昼ごろ。

空港でのいろいろを済ませて、BARTなる都市交通でサンフランシスコ中心部へ向かいます。まずはホテルに移動してチェックインだけ済ませて、荷物を置いて出かける予定です。

説明が大変なのでリンクします。

BARTとは?(公式)  WIKI

こいつでホテル最寄駅まで20分ちょっとです。

事前に、 このBARTの切符の買い方が結構難しいとの話があったのでガイドブックで調べたのだけど・・・

①お金を入れます。

②ボタンで金額を調整します。

③チケットとおつりが出てきます。

・・・なにが難しいの???

というわけで挑んだのですが・・・

どうやって買うの??これ??

と、事前の情報どおりの出来事に・・・

しかも目の前にはもう電車が来ているし、さらに不都合な事前情報として

「親切に買い方を教えてくれる人は後でお金を請求してくる」

なんていうし、となりでぴよぴよは

「事前に調べたんじゃなかったの?電車でちゃうよ?」

とテンパっているし、とりあえず高めの切符を購入しておくことに。足りないよりはいいし、きっとあとで返金できるはず・・・

これが大間違いでした。後々までずっと引っ張ります。

はい。みんなやっぱり同じような事態に陥っているみたいで、動画もアップされていました。

ちなみにこの動画によると・・・我々、正しく買えても50枚くらいのクオーターコインゲットする羽目になっていました。FEVER!!

いざ乗ってみると、やたら激しい加速ではあるものの、室内は広くてスーツケースでも余裕でした。

やたら聞き取りにくいアナウンスは信用せず(いや 英語力の問題かも)、駅数を数えながらPowell st.駅を降ります。

で、先ほどの失敗を回復すべく、ぴよぴよにけしかけられキャッシュバックをお願いするのですが・・・

まあ確かに今回の旅行の目的の一つは英語学習の成果確認というのもありますから、交渉してみましょう。黒人のおばちゃん駅員に話をしてみます。

「今回初めてBART乗ったんだけど、切符の買い方間違えて高い切符を買っちゃった。払い戻しできない?」

「払い戻しはできないわ。いくらの買ったの?」

「20ドル。」

「どれ見せてみなさい・・・11ドルしかないじゃないのっ!!」(怒)

「分かってるよ!! 空港で20ドル分買って、残りがいま入っているんだ。で、残りの払い戻しができないか質問しているんだよ。」

「払い戻しはできないわ。空港まで戻るときにもう一回使えば?」

「空港にはBARTで戻らないんだ。」

「ともかく、払い戻しはできないから使ってもらうしかないの」

「わかったよ。じゃあ次にきたときにでも使うよ。」

・・・はい。撃沈してしまいました。

(英語にはあまり敬語とかはっきりとはないのでこのようにフランクな表現になっております)

どうも、英語で話すと声が大きくなってしまいます。傍からみたら何をケンカしているのだろうと思ったでしょう

ともあれBARTの駅は地下なので、地上に出ます。

Dscf1275

いきなりケーブルカーのターンテーブルがありました。

サンフランシスコ市内ではケーブルカーが走っているのですが、ターンはなんと人力。

さて、まずはインフォメーションセンターがこの近くにあるはずなんだけど・・・地図だと、大体このへん・・・

Dscf1277

あった。

今出てきた駅の隣じゃん。

まさか地下とは・・・

ここでパンフレットの類をいろいろ手に入れます。

参考に、ここでケーブルカーなどの一日パス、ミュニパスポートはここで買えるそうです。行列していました。

さっさと歩いてホテルにチェックインします。

今回の宿はヒルトンサンフランシスコユニオンスクエアです。

ヒルトンってすごく高いイメージがあったのですが、そうでもないのですね。

Dscf1282

でもフロントはゴージャス。

ぴよぴよはなんとこのホテルに先行してネットショッピングの荷物を送り込んでいたので、荷物預かりの部屋に取りに行きます。

場所が分からず、清掃係のおばさんに案内してもらいました。案内なしではたどり着けないような場所でした。

その後、ユニオンスクエア経由で買い物に向かい・・・ぴよぴよが大荷物になります。

いまぴよぴよが凝っている、ヴェラ・ブラッドリーのお店がサンフランシスコにあるのです。

Dscf1305

買い物中。全部買ったわけじゃないからねっ。

ヴェラ仲間なるものがあって、いくつか買い物お願いされていたそうです。

親切な店員さん二人が何度も倉庫まで見に行ってくれて、納得の行く買い物ができたようです。

なんでも、このブランドはキルティングのパターンの位置がかばんのどのあたりに入るかで人によってこだわりがあるそうで、同じ品でも一個一個ぜんぜん違うのだとか・・・

そりゃ、凝る人続出だね。

結局スーツケースが1個増えて(もともとそれが最大の目標だったらしい、)夕飯の予約に間に合わないっ!! って、スーツケースをもって走ります。

地図上ではこのへんにお店があるはずなんたけど・・・

「どうしたんだい? どこに行きたいんだい?」

なにやら親切に黒人さんが声を掛けてくれました。

「ああ、DAILY GRILLって店を探しているんだけど・・・」

「それなら、信号渡って、あのHて文字があるだろ?あの向こうにあるぜ」

(なんと某ガイドブックの地図が間違っていたことが発覚)

「おお、ありがとう」

「なあ、俺たち新聞作っているんだけど、買ってくれないか?」

(やっぱり・・・しょうがないな・・・チップだと思おう・・・)

「じゃあ1部買うよ。ありがとう」

妙に疲れきって晩御飯して(今回唯一ビーフステーキ!!)、ぐったり眠りに着きました。

Dscf1314

量が多いので二人でシェア。

ステーキにカリカリベーコン乗せとは、思いつきませんでした。

おいしかったです。

時差ぼけのせいかな? この疲れは。

振り返ると、結構会話したんだな。この日。

|

« 「うぉーん」って言う。 | トップページ | 3000ftの絶壁 ~サンフランシスコ・ヨセミテ行 二日目-1 サンフランシスコの朝は寒い。ゴールデンゲートブリッジ自転車行その① »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/505126/58015953

この記事へのトラックバック一覧です: 3000ftの絶壁 ~サンフランシスコ・ヨセミテ行 1日目 BARTって。~:

« 「うぉーん」って言う。 | トップページ | 3000ftの絶壁 ~サンフランシスコ・ヨセミテ行 二日目-1 サンフランシスコの朝は寒い。ゴールデンゲートブリッジ自転車行その① »